From 08:00 PM CDT Friday, August 12 - 01:00 PM CDT Saturday, August 13, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



cRIO-908x が再起動する問題に対処する BIOS アップデート



ハードウェア: CompactRIO>>Controllers>>cRIO-9082, CompactRIO>>Chassis (Backplanes)>>cRIO-9081

問題:
cRIO-908x の初期のリビジョンでは、稀にアイドル状態から自発的に再起動することがあります。また、非常に稀な現象になりますがcRIO-908x の初期のリビジョンでは、起動に失敗することもあります。自発的な再起動の動作はアイドル状態の Windows ベースのシステムに限定されますが、起動の失敗は Windows および RT ベースのシステムで発生する可能性があります。

これらの二つの問題はリビジョン E より以前の cRIO-908x、及び BIOS のバージョンが 1.0.0f9 より以前の cRIO-908x が影響を受けます。

解決策:
これらのブート関連の問題に対処するために、BIOS
1.0.0f9 のアップデートが作成されました。 NI は、すべてのシステムで最新の BIOS を使用することを推奨します お持ちの cRIO-9081/2BIOS のバージョンを確認する手順、及び BIOS をアップデートするプロセスは以下のとおりです。

BIOS のバージョンを確認する
  1. コントローラの電源を入れる、もしくはリセットします。
  2. コントローラの起動中に、DEL キーを押して BIOS Setup Utility に入ります。
  3. 下の画像に示すように、BIOS Setup Utility Main タブに、BIOSバージョンが表示されます。このケースでは BIOS のバージョンは1.0.0f6 であり、1.0.0f9 以降にアップデートする必要があります。
 



インストール手順: 
  1. 上書き可能な USB フラッシュドライブを用意します。
  2. 下部の添付にある BIOS_cRIO-908x_1.0.0f9_USB.zip 内の 「CreateUSBUtilityDisk.exe」を実行して、USB フラッシュドライブを DOS を起動できるブートデバイスに変換します。
  3. お持ちのコントローラに USB フラッシュドライブを挿入します。 次の手順に従って、この USB フラッシュドライブから最初に起動するようにコントローラを設定します。
    • コントローラの起動中に DEL キーを押して BIOS Setup Utility に入ります。(加えられた全ての変更点に対して、BIOS のアップデートが完了した後にリセットする必要があるかもしれませんのでご注意ください。)
    • LabVIEW RT » Boot Configuration に進み、 Windows/Other OS に設定されていることを確認します。 何らかの変更を加えた場合には F10 キー »  Yes » Enter キーを押して保存し、再起動します。
    • (必要であれば)再起動中に、DEL を押して再度 BIOS Setup Utility に入ります。
    • Advanced » USB Configuration に進み、Legacy USB Support が有効になっていることを確認します。
    • Advanced » USB Configuration » Mass Storage Devices に進み、Auto を選択します。
    • BIOS Setup Utility で Boot » Hard Drive BBS Priorities に進み、USB をリストの先頭 (Boot Option #1)移動させます。
    • Boot » Boot Option #1 に進み、USB がリストの先頭にあることを確認します。
    • F10 キー » Yes » Enter キーを押して保存し、再起動します。
  4. コントローラが DOS で起動したら、画面の指示に従って BIOS をフラッシュします。
  5. システムの破損を防ぐため、BIOS更新プロセスが開始されたら、必ずプログラムが完了するまで電源の切断やリセット等は行わないでください。
  6. プログラムが終了したら、USB フラッシュドライブを取り外し、コントローラを再起動します。
  7. フラッシュの間に問題が発生した場合、ナショナルインスツルメンツの技術サポートにお問い合わせください。


関連リンク:
KnowledgeBase 5NO7RH3W: Can I Remove the Acronis True Image Software from my 908X Series CompactRIO?

添付:

BIOS_cRIO-908x_1.0.0f9_USBBIOS_cRIO-908x_1.0.0f9_USB.zip






報告日時: 04/03/2012
最終更新日: 05/21/2012
ドキュメントID: 5W2GC2SM