From 08:00 PM CDT Friday, August 12 - 01:00 PM CDT Saturday, August 13, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



CompactRIO の USER1 スイッチはどのようにプログラム的に使用するのでしょうか



使用ソフトウェア:
使用ソフトウェア・バージョン: 2009
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア: LabVIEW Modules>>LabVIEW Real-Time Module
ハードウェア: CompactRIO

問題:
CompactRIO デバイスの USER1 ディップスイッチを使用して LabVIEW でどのようにプログラム的にコードを実行するのでしょうか。

解決策:
USER1 ディップスイッチの位置を変更してコードをプログラム的に実行するには LabVIEW に Real-Time モジュールが必要です。関数パレットの Real-Time » RT ユーティリティ にある RT スイッチを読み取り VIを使用します。

手順:
  1. Real-Time ターゲットの VI のブロックダイアグラムに RT スイッチを読み取り VIを配置します
  2. スイッチタイプ入力でどのスイッチを使用するかを定義します。(以下の図のように user switch を選択)
  3. スイッチ状態出力を実行コードにワイヤします。(以下の例ではケースストラクチャを使用しています)

以下の例では USER1 ディップスイッチが ON の位置にある場合は RT スイッチを読み取り VI から TRUE が出力され、ケースストラクチャの TRUE ケースのコードが実行されます。



関連リンク:
LabVIEW (2009) Help: RT Read Switch VI

添付:





報告日時: 06/24/2010
最終更新日: 04/13/2011
ドキュメントID: 5AN88T6B