From 08:00 PM CDT Friday, August 12 - 01:00 PM CDT Saturday, August 13, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



CSVファイルをリアルタイムシーケンスとして呼び出し、チャンネル評価を行う



使用ソフトウェア: NI VeriStand
使用ソフトウェア・バージョン: 2014
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア: N/A

問題:
NI VeriStandにおいてCSVファイルをリアルタイムシーケンスとして呼び出し、チャンネル評価を行うことができると聞きました。実際にはどのような手順を踏めばよいでしょう。


解決策:
NI VeriStandに付属するStimulus Profile EditorからCSVファイルをリアルタイムシーケンスとして呼び出し、チャンネルの値を評価することができます。その手順について紹介します。まずCSVファイルを用意します。CSV File Formatting Examplesによると、フォーマットは下記のようになります。

timestamp,#EXP(.05;.05;0)#channelX
0,0
100,1
200,0
300,-1
400,0
500,1
  • timestamp : 条件値を更新するタイミング
  • #EXP(.05;.05;0) : 条件値Xに対して、X+0.05からX-0.05の範囲内にchannelXの値があれば、テストをパスしたと判断。"0"の値はtimestamp値から実際に条件値を更新するまでの遅延時間
  • channelX : 評価対象のチャンネル
上記サンプルでは、100msec毎に条件値が、1 → 0 → -1 → 0 → 1の順に変化します。

NI VeriStandからchannelXに値を渡すことにより、Priority Control Loopのタイミングで値が範囲内にあるか評価し、結果を返します。CSVファイルを作成した後、VeriStandプロジェクトとStimulus Profileを作成します。

例えばStimulus Profileについて次のように作成していきます。まずSineWave.nivsseqを呼び出し、Sine波形を生成してVeriStandで作成したAliases/Signalに渡します。これがchannelXとなります。



次にCSVファイルをリアルタイムシーケンスとして呼び出します。Sine波形が渡されたAliasesをchannelXに入力し、評価結果を作成したAliases/Resultに渡します。




このStimulus Profileを実行すると、下記のようにSine波形と結果をWorkspace上で確認することができます。




結果はレポートとして出力されます。デフォルトでは拡張子が".xml"となっていますので、Internet Explorerなどでみると、下記のように結果が表示されます。すべての評価でPassした場合のみ、結果はPassとなりますのでご注意ください。



添付のサンプルでは上記の動作を行っておりますので、ご参考になさってみてください。


関連リンク:
チュートリアル:NI VeriStandで刺激プロファイルを作成する
CSV File Formatting Examples
Understanding the VeriStand Engine


添付:
exampleSample.zip




報告日時: 04/02/2015
最終更新日: 06/10/2015
ドキュメントID: 6W1JTNKL