From Friday, April 19th (11:00 PM CDT) through Saturday, April 20th (2:00 PM CDT), 2024, ni.com will undergo system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



NI 5112で集録したデータをグリッチする



使用ソフトウェア: Driver Software>>NI-SCOPE
使用ソフトウェア・バージョン: 1.6.1
使用ソフトウェア・バージョンに特化:
二次のソフトウェア: N/A
ハードウェア: Modular Instruments>>High-Speed Digitizers (Scopes)

問題: NI 5112を取り付け、NI-Scope 1.6.1およびNI-DAQ 6.9をインストールしています。リセットを呼び出した後、ときどきグリッチがデータに入ります。これは恒常的にデータ集録が開始して15マイクロ秒ほど経ったところで起こります。タイミングはコンピュータ速度やNI 5112のトリガによって異なります。このグリッチが起こるのは何が原因でしょうか?

解決策: 高速デジタイザはクロックソースもしくは同期パルスが生成される前にアームされます。そのため、集録中にクロックソースが変わり、同期パルスを生成するとクロックを再調整しデータにグリッチが生まれます。この問題を解決するには、NI-DAQ 7.0以降およびNI-Scope 1.6.2以降(下記のリンク)にアップグレードしてください。

関連リンク: サポートリファレンス: ドライバと更新
ドライバと更新: NI-Scope 1.6.2

添付:





報告日時: 02/01/2001
最終更新日: 06/01/2009
ドキュメントID: 260E5LB1