From Friday, April 19th (11:00 PM CDT) through Saturday, April 20th (2:00 PM CDT), 2024, ni.com will undergo system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



LabVIEW Real-Timeエラー: "Failed to Connect to MXS"



使用ソフトウェア:
使用ソフトウェア・バージョン: 8.0
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア: N/A

問題: Real-Timeコントローラのコンソール出力で、次のようなエラーメッセージが出るのはなぜでしょうか?
[nidevldp--205--tDeviceloader.cpp--------------] NIDEVLD Fatal Error: Failed to connect to MXS
[nidevldp--206--tDeviceLaoder.cpp--------------] MAX configuration files may be corrupt

解決策: このエラーメッセージは、構成データベースが破損していることを意味しています。このエラーが発生した原因として2つ考えられます。
  1. コントローラは正常に動作していたにも関わらず、突然このエラーが現れるようになった場合
    データベースにデータが書き込まれている最中にコントローラの電源がOFFになってしまった可能性がございます。この場合は、
    • Safe Modeでコントローラを再起動します。
    • FTPでRTターゲットに接続し、「/NI-RT/SYSTEM」にある下記のファイルとフォルダを削除してください。
      • CONFIG.MXS
      • CONFIG.MXC
      • MXS.MXR
      • The LAST フォルダ
    • RTターゲットを再起動させます。何らかの理由で上記のファイルやフォルダが削除できない場合は、名前を変更した後に削除します。
  2. 新しいソフトウェアをインストールした後にこのエラーが発生するようになった場合
    1. コントローラを再フォーマットし全てのソフトウェアを再インストールします。

    2. それでもエラーが発生する場合は、
    3. ドライバを一つずつアンインストールとインストールします。この作業を全てのドライバに対して繰り返します。


関連リンク: DeveloperZone: FTP Options with LabVIEW Real-Time

添付:





報告日時: 04/29/2005
最終更新日: 07/10/2007
ドキュメントID: 3KSDK6RY