From 08:00 PM CDT Friday, August 12 - 01:00 PM CDT Saturday, August 13, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



E-シリーズのDAQボードを一枚だけで再トリガ可能なアナログ出力は可能ですか?



ハードウェア: Multifunction DAQ (MIO)>>E Series

問題: E-シリーズのDAQボードを一枚だけで再トリガ可能なアナログ出力での波形生成は可能ですか?

解決策:

ナショナルインスツルメンツのDAQボードのアナログ入出力では、ハードウェアによる再トリガの機能は備えていません。しかし、E-シリーズデータ集録ボードに搭載されている二つの汎用カウンタを利用することで再トリガ可能なアナログ波形出力を行うことが可能です。

この方法では、カウンタを再トリガ可能な有限パルス出力として利用し、その出力パルスを波形出力のためのアナログ出力の外部クロックとして利用することで、希望の動作を実現します。

はじめに、カウンタを再トリガ可能な有限パルス生成を行うようにプログラムします(ツールバーのヘルプ→サンプルの検索よりサンプルファインダを開くと、パルス生成のサンプルとして再トリガ可能なパルス生成のサンプルをみつけることができます)。

次に、カウンタより生成された有限パルスをアナログ出力のアップデートクロックとして使用するようにプログラムします。NI-DAQmxを使用している場合は、DAQmxタイミングのソースの入力で、I/O定数を作成し、カウンタ出力を指定します。このときデフォルトでは、Ctr0 Outなどの端子名は表示されませんので、I/O定数を右クリックし"I/O名フィルタ設定"を選択し、"上級端子を含める"にチェックを入れます。この操作によりCtr0 Outなどの端子を選ぶことができるようになり、カウンタの出力を外部で接続しなくても内部で接続することができます。
アナログ出力の際のアップデートレートはカウンタが出力するパルス列の周波数で決めることができます。
詳細は添付のサンプルをご参照下さい。



関連リンク: KnowledgeBase 2P5EJFUV: E-シリーズのDAQボードを用いて再トリガ可能なアナログ入力を行うにはどのような設定を行えばよいのですか?

添付:


再トリガ可能なアナログ出力.vi - 再トリガ可能なアナログ出力.vi



報告日時: 02/22/2002
最終更新日: 06/27/2007
ドキュメントID: 2IL8JEXA