From 08:00 PM CDT Friday, August 12 - 01:00 PM CDT Saturday, August 13, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



一台のコンピュータに搭載されている2つのGPIBボード(GPIB0およびGPIB1)間の通信



使用ソフトウェア: Driver Software>>NI-488.2
使用ソフトウェア・バージョン: 2.2
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア:

問題:
一台のコンピュータに搭載されている2つのGPIBボードは互いに通信できますか?

解決策:


はい、通信できます。これはAT-GPIB/TNT+をコントローラとしてPCI-GPIB を非コントローラとして設定する一例です。 各ボードの設定は以下を参照してください。

AT-GPIB/TNT+の設定: GPIB0, PAD 0, SAD None, controller
AT-GPIB/TNTの設定画面


PCI-GPIBの設定: GPIB1, PAD 1, SAD None, non-controller
PCI-GPIBの設定画面

GPIBの2つのセッションを開くことで、通信をするという考えです (この例はibicセッションを使います)。 1つのセッションはコントローラ(GPIB0)に、もう1つは非コントローラ(GPIB1)に接続します。GPIB1をデバイス(dev1) として、GPIB0をGPIB1に接続します。 この処理でのibicによるのコマンドシーケンスは以下のようになります。

GPIB0のibic: GPIB1のibic:
ibfind gpib0  
  ibfind gpib1
ibsic ( CICが立った事をご確認ください *)  
ibrsc 1  
ibsre 1  
ibfind dev1  
ibwrt "ここにコマンドを入力します"  
  ibrd XX
  ibwrt "ここにコマンドを入力します"
ibrd XX  

* CICがアサートされない場合、GPIB1がシステムコントローラに設定されている可能性があります。 この問題を解決するには 2つのボードからケーブルを外し以下のコマンドをibic (GPIB0)に入力してください。

ibfind gpib (入力されてない場合)
ibrsc 1
ibsic (この時点でCIC フラグは表示されます)
>> GPIB1にケーブルを接続します <<
ibsic (CIC ビットは表示されたままの状態です。これはボードがCICであることを証明します)。


関連リンク:

添付:


PCI-GPIB.jpgAT-GPIB_TNT.jpg


報告日時: 06/28/2000
最終更新日: 08/18/2011
ドキュメントID: 1YRA63ZT