From 08:00 PM CDT Friday, August 12 - 01:00 PM CDT Saturday, August 13, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



LabVIEW 内でデータソケットの接続中に次のエラーが発生しました。 「Error: Can't connect to data item, another wirte connection already exists.」



使用ソフトウェア: LabVIEW Development Systems
使用ソフトウェア・バージョン: 6.0
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア:

問題: LabVIEW 6.0 を用いて、ある一1台のコンピュータは「パブリッシュとサブスクライブ」としてデータソケットのある要素に接続していると、緑の LED が光り、正しく接続せれています。 但し、もう1つのコンピュータから同じな要素と「パブリッシュ」および「パブリッシュとサブスクライブ」で接続しますと、赤い LED が光り、接続には失敗しました。 

もしも、カーソルを赤い LED の上に移動すると、次のエラーメッセージが表示されます。
Error: Can't connect to data item, another write connection already exists.


解決策: もし も、LabVIEW を用いてデータソケット要素を作成すると、この要素の書き込み構成はデフォルト値に設定され、LabVIEW からは変換できません。 従って、この要素の多数書き込み者 (Allow Multiple Writers) 構成はデフォルトで不可能と設定されます。 

この問題を解決するには、下記2つの手順の1つを行って下さい:

関連リンク:

添付:





報告日時: 11/30/2000
最終更新日: 03/07/2001
ドキュメントID: 23TE72WZ