From 08:00 PM CDT Friday, August 12 - 01:00 PM CDT Saturday, August 13, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



多形性 VI とは何ですか?



使用ソフトウェア: LabVIEW Development Systems
使用ソフトウェア・バージョン: 6.0
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア:

問題: 多形性 VI とは何ですか?

解決策: 多形性 VI は LabVIEW 6.0 の新機能の一つです。 多形式性 VI は幾つか違うデータタイブを入出力端子に接続可能な VI です。 多形性 VI に接続する違うデータタイプは表記法と配列次元の違いを含みます。 多形性 VI は幾つかのコネクタバターンが一致しているサブVI から作成されます。 各サブVI は多形性 VI に対して一つのインスタンスとなります。 もし幾つかの違うデータタイブに、同じ動作を行う場合に多形性 VI をご使用しますと便利です。 多形性 VI は入力端子に接続したデータタイブに寄って、LabVIEW は正しいインスタンスを選択して実行します。 多形性 VI 機能をご使用していただけますと、使用者は簡単に同じ関数で違うデータタイブを接続し、類似した動作を行うことが出来ます。 この方法では、データタイブの制御を関数が内部的に解決して、各データタイブに違う関数を作る必要性を回避します。 多形性 VI 内の全ての入力端子を多形性にする必要はありません。

例えば、配列のソートに多形性 VI 機能をご使用しますと、同じ関数で違う数字表示形式の配列、文字列の配列、又はファイルパスの配列等をソート出来ます。 又この機能で違う次元の配列もソートできます。

関連リンク:

添付:





報告日時: 08/10/2000
最終更新日: 11/08/2000
ドキュメントID: 2098T37Z