From 08:00 PM CDT Friday, August 12 - 01:00 PM CDT Saturday, August 13, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



Archived: Windows 2000を使用し、GPIB通信のためMeasurement & Automation Explorer (MAX) 2.0上で計測器のスキャンを実行すると、MAXがクラッシュする

This document has been archived and is no longer updated by National Instruments



使用ソフトウェア: Driver Software>>NI-488.2
使用ソフトウェア・バージョン: 1.70
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア:

問題: Windows 2000を使用し、GPIB通信のためMeasurement & Automation Explorer (MAX) 2.0上で計測器のスキャンを実行すると、MAXがクラッシュする




解決策: この問題は、LabVIEW 6.0に付属されているVISAドライバによるものです。


NI-488.2ドライバのバージョン 1.7 (part number 777175-01) に付属されているVISAドライバと、

VISA CD (part number 777303-02) に付属しているVISAドライバはこの問題に対応しています。



また、このページの下に添付されている2つのファイルを、以下のディレクトリのファイルと置き換えることで、問題を解消することができます。

  • niVISAui.mxxC:\Program Files\National Instruments\MAX\UI Providers
  • niVISAe.mxeC:\Program Files\National Instruments\MAX\Experts



  • 関連リンク:

    添付:


    niVISAe.mxe - niVISAe.mxeniVISAui.mxx - niVISAui.mxx



    報告日時: 12/12/2000
    最終更新日: 04/16/2004
    ドキュメントID: 24B893KD