From 08:00 PM CDT Friday, August 12 - 01:00 PM CDT Saturday, August 13, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



NIカメラリンクI/O拡張ボードを使用するにはどうすれば良いですか?



ハードウェア: Image Acquisition (IMAQ)>>Digital Image Devices>>NI Camera Link I/O Extension Board

問題:
NIカメラリンクI/O拡張ボード(NI Camera Link I/O Extension Board)を所持しています。PCIe-1427、PCIe-1429、PCIe-1430、またはPCIe-1433で使用するにはどのように構成すれば良いですか?


解決策:

ハードウェアのセットアップ

NIカメラリンクI/O拡張ボードは、フレームグラバがないと動作しないため、Measurement & Automation Explorer(MAX)やWindowsデバイスマネージャには表示されません(フレームグラバのみMAXやデバイスマネージャで表示されます)。

NIカメラリンクI/O拡張ボードへ信号を接続する際は、関連リンクにあるマニュアルを参照してください。I/O拡張ボードには37ピンと44ピンのコネクタがあり、その両方のピン配列がマニュアルに記載されています。端子台で12Vや5V出力を使用しない限り、I/O拡張ボードへ電源を接続する必要はありません。

NIカメラリンクI/O拡張ボードは、絶縁I/Oや外部I/O(TTL信号)にアクセスすることができます。PCIe-1429、PCIe-1430、およびPCIe-1433の場合、外部ライン0はフレームグラバの正面にあるSMBコネクタであり、それ以外の外部I/Oライン1~8へアクセスするにはI/O拡張ボードに接続した端子台を使用します。


ソフトウェアのセットアップ

「IMAQ Configure Trigger 3」VIおよび「IMAQ Trigger Read2」VIを使用すると、トリガラインの設定や読み取りがおこなえます。これらのVI「Line Number」や「Trigger Number」入力は、I/O拡張ボードのTTLまたはISOライン番号に相当します。たとえば、「タイプ」入力をExternalに設定して「Line Number」や「Trigger Number」の各入力を1に設定する場合、I/O拡張ボードのTTL I/O 1を参照しています。下記のスニペットは、収集開始のトリガとしてTTL I/O 1を使用する方法です。




メモ: 使用するカメラをフリー実行モードではなく、トリガモードであることを確認してください。


関連リンク:
製品マニュアル: Camera Link I/O Extension Board (PCIe) User Guide (PDF)
製品マニュアル: Camera Link I/O Extension Board (PCI) User Guide (PDF)

技術サポートデータベース 66Q92TRH:  カメラリンクのコンフィギュレーションにおけるBase、Medium、Fullの違いは何ですか

添付:





報告日時: 12/30/2010
最終更新日: 06/21/2016
ドキュメントID: 5GTA9E44