From 08:00 PM CDT Friday, August 12 - 01:00 PM CDT Saturday, August 13, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



高速デジタイザボードからホスト PC へのデータ転送方法について



使用ソフトウェア:
使用ソフトウェア・バージョン: 3.8
使用ソフトウェア・バージョンに特化: 3.8
二次のソフトウェア: N/A

問題:
高速デジタイザは大きいサイズのオンボードメモリを積んでいますが、集録データのサイズが大きすぎてオンボードメモリの容量に収まらないことがあります。デジタイザボードから定期的にホスト PC へとデータを転送したいのですが、その方法と仕組みを教えてください。

解決策:
高速デジタイザボードは NI-Scope ドライバを使用し DMA (Direct Memory Access) データ転送がデフォルト設定になります。「niScope Fetch.vi」 の関数が呼ばれるとデジタイザのボード上メモリからホストコンピュータへデータが DMA 転送されます。 「フェッチ」の意味するところは、集録された波形のデータがデジタイザのメモリからホストコンピュータのメモリへと転送されることです。この処理は通常 DMA (Direct Memory Access) によってバイナリデータの転写が非常に高速に行われます。 バイナリデータはフェッチの最中に電圧値にスケールされ 64bit の浮動小数点数として保存されます。1 つ、又は複数の波形配列が各フェッチで返され、集録データの表示、解析、保存に使用できます。 複数レコードのフェッチの場合、各レコードに対して DMA 転送が開始され、停止されます。データを連続的に集録している場合は niScope Fetch.vi が呼び出される度に DMA 転送が開始され、停止されます。よって、データの転送レートは バスのスピートやプロセッサの速度、さらにボードの転送速度に依存します。 追加として一度の DMA 転送によってボードからホストコンピュータへと転送されるサンプル数は以下のプロパティノードによって変更することが可能です。

 



関連リンク:

NI High-Speed Digitizers Help

Direct Memory Access (DMA)

添付:

 






報告日時: 04/19/2005
最終更新日: 12/13/2010
ドキュメントID: 3KIBREQT