From 08:00 PM CDT Friday, August 12 - 01:00 PM CDT Saturday, August 13, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



LabVIEW 2010ウェブサービスを分散システムマネージャ2010に表示する方法



使用ソフトウェア:
使用ソフトウェア・バージョン:
使用ソフトウェア・バージョンに特化:
二次のソフトウェア: N/A

問題:
以前は分散システムマネージャを使用して、デプロイしたウェブサービスを監視することができましたが、LabVIEW 2010と分散システムマネージャ 2010にアップグレードした後にそれらが表示されなくなりました。 どうしてですか。

解決策:
分散システムマネージャ2010は、一部の環境で発生するクラッシュを回避するためにLabVIEW 2010ウェブサービスを表示しないように設定されています。 このクラッシュの詳細は「ウェブサービスを有効化するとLabVIEW 2009がクラッシュする問題の解決方法」を参照してください。

この機能は、以下の手順に従って有効にすることができます。
  1. C:\Program Files\National Instruments\Shared\NI WebServer\webservices.ini を表示します。
  2. テキストエディタで webservices.ini を開きます。
  3. EnableStatusManager というトークンを次のように指定します: EnableStatusManager = true
  4. ファイルを保存します。
  5. コントロールパネル→管理ツール→サービスを選択します。
  6. 名前のリストからNI Application Web Serverを探し、これを右クリックして再起動を選択します。
2009のウェブサービスを利用している場合は、クラッシュを回避するため、同じトークンを false に設定してください。 トークンの変更方法については「ウェブサービスを有効化するとLabVIEW 2009がクラッシュする問題の解決方法」を参照してください。

関連リンク:
KnowledgeBase 5BDHGDBP: ウェブサービスを有効化するとLabVIEW 2009がクラッシュする問題の解決方法

添付:





報告日時: 07/22/2010
最終更新日: 09/24/2010
ドキュメントID: 5BLESQW5