From 08:00 PM CDT Friday, August 12 - 01:00 PM CDT Saturday, August 13, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



ダイナミックデータで波形チャートの履歴を読み込むと、LabVIEW 7.0がクラッシュします



使用ソフトウェア:
使用ソフトウェア・バージョン: N/A
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア: N/A

問題: ダイナミックデータタイプの波形をプロパティーノードの履歴データに入力すると、何故LabVIEWがクラッシュするのですか?LabVIEW 7.0で信号シュミレートを使用して波形チャートに出力し表示しています。これは正常に行われるのですが、プロパティーノードの履歴データに入力すると、LabVIEWがクラッシュします。

解決策: ダイナミックデータタイプの波形の履歴データを得てそれを表示するためには、ダイナミックデータタイプから1次元配列に変換する必要があります。ダイナミックデータから変換.viは信号操作パレットにあります。添付の"Crash"と"Correct"サンプルはどのようにして正しく波形データの履歴を表示するかを示しています。

関連リンク:

添付:


Correct Version of LabVIEW DDT Chart History.vi - Correct Version of LabVIEW DDT Chart History.viCrash Version of LabVIEW DDT Chart History.vi - Crash Version of LabVIEW DDT Chart History.vi


報告日時: 05/27/2004
最終更新日: 08/06/2004
ドキュメントID: 39QBL460