From 04:00 PM CDT – 08:00 PM CDT (09:00 PM UTC – 01:00 AM UTC) Tuesday, April 16, ni.com will undergo system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



LabVIEWとMeasurement Studioでのチャート更新モード



使用ソフトウェア:
使用ソフトウェア・バージョン: 1.0
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア: N/A

問題:
LabVIEWとMeasurment Studioのチャートにはどのような更新モードがありますか?チャート更新モードを変更するにはどうすれば良いですか?


解決策:
LabVIEWとMeasurement Studioにある波形チャートには、データをスクロールするために、ストリップチャート、スコープチャート、およびスイープチャートという3つの更新モードがあります。これらの更新モードは波形チャートのプロパティを使用して変更することが可能です。これをおこなうには、波形チャートを右クリックしてプロパティ » 外観を選択し、更新モードプルダウンメニューからストリップチャート、スコープチャート、またはスイープチャートを選択します。
  • ストリップチャート
    このモードは、表示がスクロールしてロール紙に記録するチャートレコーダに似ています。このモードの最初のプロットは左から右にスクロールします。一番右側にある新しいポイントは、古い値として左側にずれてプロットされ続けます。

     



  • スコープチャート
    このモードは、表示を再描画するオシロスコープに似ています。新しいデータを受け取ると、最後の値を右側にプロットします。プロットがプロット領域の右枠に到達すると、プロットを消去して左枠から再びプロットを始めます。




  • スイープチャート
    このモードはスコープチャートに似ていますが、プロットが右枠に到達したらプロットは削除されません。その代わり、垂直線が左側から右側に動いてその線に沿って古いデータを新しいデータで更新されます。

    メモ: Measurement Studio .NETコントロールは、スイープモードをサポートしていません。ActiveXコントールでのみサポートしています。詳細については、関連リンクを参照してください。

     

     
LabVIEW 2012以前では、チャートタイプとデータタイプをデモするcharts.viというファイル名のサンプルが下記の場所に含まれています。

<LabVIEW>\examples\general\graphs\charts.llbフォルダ


LabVIEW 2013以降では、チャートタイプとデータタイプをデモするWaveform Chart Data Types and Update Modes.viというファイル名のサンプルが下記の場所に含まれています。

<LabVIEW>\examples\Controls and Indicators\Graphs and Charts\Waveform Graphs and Chartsフォルダ


Measurement Studio for Visual Basicには、下記の場所に同様のサンプルがあります。

MeasurementStudio\VB\Samples\UI\GraphフォルダにあるGraph StylesおよびSweep Chart

また、下記よりサンプルをダウンロードすることも可能です。


関連リンク:
製品マニュアル: LabVIEW User Manual (PDF)
製品マニュアル: Getting Started with LabVIEW (PDF)

サンプルプログラム: Sweep Chart using Measurement Studio for Visual C++, C#, and VB .NET
サンプルプログラム: Charts: Update Modes and Display Options
NI Community: Demonstration: Chart Update Modes

添付:





報告日時: 04/18/2002
最終更新日: 06/26/2016
ドキュメントID: 2KHGN7DJ