From 04:00 PM CDT – 08:00 PM CDT (09:00 PM UTC – 01:00 AM UTC) Tuesday, April 16, ni.com will undergo system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



DLLを呼び出す際に、DLLのフロントパネルを表示する方法



使用ソフトウェア: LabVIEW Development Systems
使用ソフトウェア・バージョン: 6.0
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア:

問題: LabVIEWアプリケーションビルダを使用して、LabVIEW VIのDLLを作成し、
C言語で書いたプログラムからDLLを呼び出すことができました。
但し、C言語のプログラムでDLLを呼び出す際に、VIのフロントパネルを表示したいと思っています。
DLL中で呼び出されたらVIのフロントパネルを表示するようにDLLを作成する方法がありますか。

解決策: DLL中で呼び出されたらVIのフロントパネルを表示するために、「呼び出されたらフロントパネルを表示する」プロパティを設定する必要があります。(VIウインドウの右上にあるアイコンを右クリックし、VIプロパティ...»ウィンドウの外観»カスタマイズする...を選択します。)

このDLLをユーザインタフェーススレッド(優先実行システム)で実行されるLabVIEW VIから呼び出して、
DLL中で呼び出されるVIがフロントパネルを表示すれば、LabVIEW VIがデッドロックになります。

回避方法としては、DLLがユーザインタフェーススレッドと違うスレッドから呼び出されることを確認して下さい。
この確認をするには、まずCall Library FunctionノードがUIスレッドの実行ではなく、再入可能に設定します。
そして、VIがユーザインタフェーススレッドに実行されていないことをVIプロパティ...»実行»優先実行システム.
から確認します。

関連リンク:

添付:





報告日時: 12/19/2003
最終更新日: 01/05/2004
ドキュメントID: 26EF1P2L