From 08:00 PM CDT Friday, August 12 - 01:00 PM CDT Saturday, August 13, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



CVS-1450シリーズに搭載されているコンパクトフラッシュのフォーマットの方法



ハードウェア: PXI/CompactPCI>>Controllers

問題: CVS-1450シリーズに搭載されているコンパクトフラッシュのフォーマットの方法を教えてください

解決策: CVS-1450シリーズに搭載されているコンパクトフラッシュのフォーマットの方法

どの様な可能性で、フォーマットの必要性が出てくるのか:
非常にまれではありますが、NI CVS-1450に搭載されているコンパクトフラッシュは、不良セクタを生成することがあります。
この原因としては、ファイル書き込み中の電源強制OFF等の不正な終了等が考えられます。
このような問題が発生した際に、フォーマットを行う必要があります。

どの様な現象をもって、フォーマットの必要性を判断するか:


実際のフォーマット方法:
もし対象NI CVS-1450シリーズのBIOSのバージョンが10.3以降であれば、下記に続くコンパクトフラッシュのフォーマット方法を実行してください。BIOSのバージョンがそれ以前のものである場合は、日本ナショナルインスツルメンツへご連絡ください。
弊社技術部にて、お預かりの上対応させていただきます。

Note: NI CVS-1450シリーズ・リビジョンCおよびそれ以降のデバイスはすべてBIOSの10.3以上のバージョンがインストールされています。さらに、2003年1月15日以降修理されたユニットはすべて、BIOSの10.3以降のバージョンがインストールされています。バージョン未確認のままのフォーマットはエラーの原因となりますので、お勧めいたしておりません。

フォーマットユーティリティーの実行:
  1. IEEE 1394バージョン1.5.1あるいはそれ以降のNI-IMAQがホスト・マシンにインストールされることを確認してください。ドライバー・ソフトウェアのバージョンが古い場合は、ドライバーのアップデートが必要になります。
  2. 装置の正面のセーフモードディップスイッチをONにし機器をリブートすることにより、セーフモードでNI CVS-1450シリーズをブートしてください。
  3. ホストコンピューターへNI CVS-1450シリーズ上のユーザデータファイルを可能な限りすべてバックアップしてください。コンパクトフラッシュのフォーマットは、NI CVS-1450シリーズ上のファイルすべてを消し、上書きします。
  4. MAXを起動します。
  5. 構成ツリー内のリモートシステムコンポーネントを開いてください。
  6. フォーマットしたいNI CVS-1450シリーズを選択して、「フォーマットディスク」を選択してください。



  7. NI CVS-1450シリーズのビデオ出力は、フォーマットのステータスを表示します。フォーマットユーティリィティが終了した後、装置をリブートしてください。
  8. 起動以降、IPアドレスやソフトウェアのダウンロードなど、実際に使用するまでに行っていただくステップは、NI CVS-1450シリーズのクイックスタートガイドの記載と同じです。
  9. バックアップデータがある場合は、NI CVS-1450へユーザーデータの移行を行ってください。


関連リンク: National Instruments' Image Acquisition and Vision Support Homepage

添付:

 






報告日時: 02/25/2004
最終更新日: 02/19/2009
ドキュメントID: 36O9I8HW