From 08:00 PM CDT Friday, August 12 - 01:00 PM CDT Saturday, August 13, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



Linux版LabVIEWにてどのようにインターネットツールキットを使用しますか?



使用ソフトウェア: LabVIEW Toolkits>>Internet Developers Toolkit
使用ソフトウェア・バージョン: N/A
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア:

問題: Linux版LabVIEWにインターネットツールキットをインストールした場合に、HTTP Server VIが実行できません。

インターネットツールキットはLV2JPEG.VIとLV2PNG.VIの二つのVIを呼びます。LinuxはWindowsのDLL(dynamic link libraries)と同等の機能である、*.so(shared object)を使用して、lvjpeg.libとlvpng.libを呼び出します。WindowsにてDLLを作成した際に、他のアプリケーションとDLLを接続する、.lib(library)ファイルが作成されます。この.libファイルをLinuxでは使用できません。

解決策: lvjpeg.so及びlvpng.soはLabVIEWを実行にてコンパイルされています。下記のようにlinkを設定することによって実行可能です。

  1. LabVIEWにて次のVIを開いてください。
    /usr/local/lv61/vi.lib/addons/internet/image/lvjpeg.llb/lvjpeg.vi ダイアグラムを開き、 Call Library Function Node を右クリックし、 Configure...を選択し、テキストを消去し、 Library Name or Path を再設定してください。
  2. LabVIEWにて次のVIを開いてください。
    /usr/local/lv61/vi.lib/addons/internet/image/lvpng.llb/lvpng.vi ダイアグラムを開き Call Library Function Node を右クリックし、 Configure...を選択し、テキストを消去し、 Library Name or Path を再設定してください。
  3. VIを保存してください。
  4. VIを閉じてください。



関連リンク:

添付:





報告日時: 11/09/2001
最終更新日: 11/21/2003
ドキュメントID: 2F8B3LEG