From 08:00 PM CDT Friday, August 12 - 01:00 PM CDT Saturday, August 13, ni.com will be undergoing system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



NI 9945とNI 9237の配線ガイド



使用ソフトウェア:
使用ソフトウェア・バージョン: 4.0
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア: N/A
ハードウェア: CompactDAQ>>Analog Input Modules>>NI 9237, CompactDAQ>>Analog Input Modules>>NI 9237

問題:
歪みゲージをNI 9944/5またはNI 9237へ配線するにはどうすれば良いですか?


解決策:

説明

NI MAX(Measurement and Automation Explorer)のDAQmxグーロバル仮想チャンネルまたはDAQmxタスクに接続ダイアグラムタブがあり、設定値に合わせて接続ダイアグラムを表示することができます。この接続ダイアグラムでは、歪みゲージとNI 9944またはNI 9945との配線の詳細を表示しています。ここで、接続ダイアグラムの中のCH+はモジュール上のIN+を示します。

この例は、2本のリード線を持つクォータブリッジの配線図です。1本のリード線は、0番ピン(EX+)に接続し、もう1本のリード線は1番ピン(CH+またはIN+)と2番ピン(QTR)両方に接続します。

  • EX+: 励起
  • CH+ または IN+: チャンネルまたは信号入力
  • QTR: クォータブリッジ補正ターミナル

NI 9944/9945 クォータブリッジ構成アクセサリ (PDF)』では、下図のようにピンのラベルが記載されています。

 



設定手順

NI 9945の設定をおこなうには、NI MAXにてDAQmxグローバル仮想チャンネルを作成します。信号を集録 ≫ アナログ入力 ≫ 歪みの順で選択します。 NI 9237の中の使用するアナログ入力チャンネルを選択し、グローバル仮想チャンネルの名前を入力します。「終了」ボタンをクリックします。



歪み構成の項目上にマウスカーソルを合わせると、MAXのヘルプ画面に下記の回路図が表示されます。

この図では、R4は歪みゲージであり、R3はシャント抵抗です。歪みゲージ以外の回路部分はモジュールの内部に含まれています。 接続ダイアグラムを表示するには、接続ダイアグラムタブを選択します。接続ダイアグラムで示すように配線します。

最後の手順として歪みゲージのキャリブレーションをおこないます。NI-DAQmxグローバルチャンネル歪み設定画面内にあるデバイスタブを選択して、「歪みキャリブレーション」ボタンをクリックします。

 各項目の詳細に関しては、下部にある「ヘルプ」ボタンをクリックして参照してください。


メモ: この例では、グローバル仮想チャンネルで説明していますが、タスクの場合も同じ手順です。



関連リンク:
製品マニュアル: NI 9944/9945 クォータブリッジ構成アクセサリ (PDF)

技術サポートデータベース 4PK5M1DQ: How Can I Connect a Quarter Bridge to an NI 9944 or NI 9945 with an NI 9237 Module on a CompactRIO System?

添付:





報告日時: 03/29/2007
最終更新日: 06/20/2016
ドキュメントID: 47SGM5CY