From Thursday, May 23rd (05:00 PM CDT) through Friday, April 24th (1:30 AM CDT), 2024, ni.com will undergo system upgrades that may result in temporary service interruption.

We appreciate your patience as we improve our online experience.



ナショナルインスツルメンツ製のソフトウェアをインストールする際のエラー(1402)に関して



使用ソフトウェア:
使用ソフトウェア・バージョン: 3.5
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア: N/A

問題:
ナショナルインスツルメンツ製のソフトウェア(例えば、TestStandやLabVIEW)をインストールする際に添付の画像ファイル(InstallError.jpgやInstallerErrorLV.jpg)にある様なエラー(1402)が発生します。ソフトウェアをインストールする際には、管理者権限のあるアカウントを使用しているのでレジストリキーの変更は許可されているはずなのですが、何故このエラーは発生するのでしょうか。また、どの様にこのエラーを回避することが出来るのでしょうか。

解決策:
エラー(1402)は、Windowsインストーラのエラーであり、ナショナルインスツルメンツのエラーではありません。管理者権限のあるアカウントを使用しPCにログインしており、レジストリキーへのアクセスが許可されている状態でも、ナショナルインスツルメンツのインストーラ自体にはレジストリキーへのアクセス許可がありません。これが原因でエラーが発生しています。このエラーを回避する為には、以下の手順でレジストリキーへのアクセス許可設定を変更してください。

(注意事項)レジストリは、重要なシステムとアプリケーション情報を含んでいます。 したがって、レジストリの編集は、バックアップを取った後に注意して行ってください。

1.エラーメッセージに記載されているレジストリキーを確認してください。例えばInstallError.jpgの場合、記載されているレジストリキーは、UNKNOWN\MSFlexGridLib.MSFlexGrid.1\CLSIDとなります。

2.レジストリエディタを起動します。「スタート」>>「ファイル名を指定して実行」を選択し、「regedit」と入力して「OK」を押してください。

3.レジストリを編集する前に現在のレジストリのバックアップを取ります。

a. レジストリエディタ画面にて「ファイル」>>「エクスポート」を選択します。
b. エクスポート範囲」を「すべて」に設定し、レジストリファイルを保存します。

4.Ctrl+Fを押し検索ダイアログを起動します。(1.)で確認したレジストリキーを検索して下さい。InstallError.jpgで記載されているレジストリキーの場合、UNKNOWN以下、MSFlexGridLib.MSFlexGrid.1\CLSIDを検索します。正しいレジストリキーを検索することが出来たのであれば、そのレジストリキーを含むフォルダ(上位階層)にて右クリックをし「アクセス許可」を選択してください。例題の場合、レジストリキーは、HKEY_CLASSES_ROOT\MSFlexGridLib.MSFlexGrid.1\CLSIDとなります。

5.アクセス許可ダイアログにて「詳細設定」を選択します。「子オブジェクトに適用するアクセス許可エントリ親から継承し、それらをここで明示的に定義されているものに含める」と「子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリを、ここに表示されているエントリで子オブジェクトに適用するもので置換する」の両方にチェックを入れ、「OK」>>「はい」を選択してください。

6.上位階層で開かれたアクセス許可ダイアログを閉じ、エラーメッセージに記載されているレジストリキーのアクセス許可ダイアログを起動します。まず「グループ名またはユーザ名」にて「SYSTEM」が存在することを確認してください。また、「グループ名またはユーザ名」から「SYSTEM」を選択し、「SYSTEMのアクセス許可」にて「フルコントロール」が許可されていることを確認してください。「SYSTEM」が「グループ名またはユーザ名」に存在し、「フルコントロール」が許可されているのであれば、問題なくナショナルインスツルメンツ製のソフトウェアをインストールすることが出来ます。

7.もし、「SYSTEM」自体は「グループ名またはユーザ名」に存在しているが、「SYSTEMのアクセス許可」にて「フルコントロール」が許可されていないのであれば、「詳細設定」を選択し詳細設定ダイアログを起動してください。「SYSTEM」を選択し「編集」を押します。「アクセス許可」の「フルコントロール」を許可することでナショナルインスツルメンツ製のソフトウェアをインストールすることが出来ます。

8.もし「SYSTEM」自体が「グループ名またはユーザ名」に存在していないのであれば、手動で「SYSTEM」を追加する必要があります。「詳細設定」を選択し「追加」を押してください。「選択するオブジェクト名を入力してください」にて「SYSTEM」と入力し「OK」を押します。「フルコントロール」を許可し「OK」を押してください。これでナショナルインスツルメンツ製のソフトウェアをインストールすることが出来ます。

必要に応じて上記の手順を繰り返し、ナショナルインスツルメンツのインストーラがアクセス出来ないレジストリキーのアクセス許可設定を全て変更してください。インストーラがアクセスする必要のあるレジストリキーのアクセス許可設定が全て「許可」に変更されているのであれば、問題なくナショナルインスツルメンツ製のソフトウェアをインストールすることが出来ます。

関連リンク:

添付:


InstallError.JPG - InstallError.JPG
InstallErrorLV.jpg - InstallErrorLV.jpg



報告日時: 04/21/2006
最終更新日: 06/27/2007
ドキュメントID: 3WK8PNRM