アカデミック 会社 イベント Community サポート ソリューション 製品とサービス お問い合わせ MyNI
This Document is not yet Rated

USBTMCとは何ですか?どのようにUSBポート対応計測器と通信できますか?



使用ソフトウェア:
使用ソフトウェア・バージョン: N/A
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア: N/A

問題:
USBTMCとは何ですか?また、どのようにUSBポート対応計測器と通信できますか?


解決策:
USBTMCは、USB Test & Measurement Classの略称で、GPIBのような通信をUSBデバイスと行うために、USBをベースに設計されたプロトコルです。ユーザーからは、USBデバイスはGPIBデバイスのように動作しているように見えます。たとえば、「VISA書き込み(VISA Write)」関数で*IDN?を送信し、「VISA読み取り(VISA Read)」関数でデバイスの情報を受信することが可能です。USBTMCプロトコルは、サービスリスエスト(SRQ)、トリガ、そして他のGPIB特有の動作をサポートします。

USBTMCにより、機器メーカーはVISAを用いた計測器ドライバやさまざまなアプリケーションなど既存のソフトウェアと互換性を維持したまま、物理層をGPIBからUSBに変更することが可能となりました。これは、TCPI/IPを提供するVXI-11プロトコルでもあります。

ここで注意しなければならないことは、すべてのUSBデバイスがUSBTMCに準拠しているわけではないということです。機器メーカーは、USBTMCに対応するためにUSBデバイスのファームウェアをアップデートしなければなりません。USBポートを搭載したDMMやオシロスコープのような従来の計測器は、USBTMCに対応する可能性が高いと考えられます。お手持ちの計測器がUSBTMCに準拠しているかどうかは、計測器の取扱説明書などを参照してください。

NI-VISAは、USBTMCに準拠したデバイスを認識するように構成されており、NI-VISA 3.0以降のバージョンでは、USBTMCに準拠したデバイスとコントローラとして通信することが可能になりました。Windowsの場合には、初めにUSBデバイスをUSBポートに差し込み、WindowsOSに新しいデバイスとして検出させます。その後、新しいハードウェアウィザードが立ち上がり、NI-VISAドライバを探します。NI-VISAが正常にインストールされている場合には、USB機器はUSB Test & Measurement Classデバイスとして認識されます。Measurement & Automation Explorer(MAX)を開くと、新しいデバイスがデバイスとインタフェース » USBデバイスに表示されます。これにより、GPIBリソースのようにこのリソース名を使用することが可能になります。

MacintoshやLinuxの場合には、USBデバイスをUSBポートに差し込むと、NI-VISA 3.2以降のバージョンが正常にインストールされている場合には、USB Test & Measurement Classデバイスとして認識されます。デバイスがインストールされているかを確認するには、Applications » National Instruments » VISA » VisaConfigに進み、VisaConfigを開きます。VisaConfigアプリケーションを立ち上げると、デバイスはUSBリソースの下に表示されますので、GPIBリソースのようにこのリソース名を使用することが可能になります。

リソース名の構文についての詳細は、下記リンクにある「NI-VISA Help」でviOpenの内容を参照してください。


関連リンク:
ドライバと更新: NI-VISA 
製品マニュアル: NI-VISA Help 
技術サポートデータベース 325APJ2Y: NI-VISAを用いて、RAWモードでUSBインターフェースを持つ計測機器と通信するにはどうすればよいですか? 
チュートリアル: USB計測器制御チュートリアル

添付:





報告日時: 10/02/2003
最終更新日: 06/21/2016
ドキュメントID: 321A2A2Y

Your Feedback! poor Poor  |  Excellent excellent   Yes No
 Document Quality? 
 Answered Your Question? 
  1 2 3 4 5
Please Contact NI for all product and support inquiries.submit