LabVIEW上でフロントパネルにある制御器をTabキーで制御器間を移動する際に必要な順位の変更方法



使用ソフトウェア: LabVIEW Development Systems
使用ソフトウェア・バージョン: N/A
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア: N/A

問題: VIが実行中にTabキーを使用して制御器間を移動していますが、次の制御器へ移行する順番をどのように変更できますか?

解決策: LabVIEW 4.0やLabVIEW 5.1.xでは、編集→Panel Orderを選択、またLabVIEW 6.xでは編集→タブ順序を設定で変更することが可能です。

メモ:このオプションは制御器、または表示器がフロントパネル上に2つ以上ある場合のみ有効となります。

タブ順序の設定画面に切り替わりますと、黒い表示と白い表示がそれぞれの制御器、または表示器に表示されます。黒い表示部分は、現時点でのタブ順序となります。こちらの値は0からn-1までが設定可能で、nはフロントパネルに配置されている制御器、または表示器の数になります。白い表示部分は、以前のタブ順序となります。ツールバーにある「クリックして設定」部分にn-1までの数値を入力し、その数値を割り当てたい制御器・表示器の黒い表示部分をクリックしてください。設定した数値がその制御器・表示器に割り当てられます。残りのオブジェクトはLabVIEWが以前の順序を元に自動的に割り当てます。もし他の制御器・表示器に対しても順序の設定を行いたい場合は、上記の作業を繰り返してください。設定が終了したら「OK」ボタンを押し、タブ順序編集モードを閉じてください。また、ツールバーの「X」ボタンを押すことによって編集前の値に戻り、タブ順序編集モードを終了することができます。

関連リンク: KnowledgeBase 17PJH392: What is Panel Order or Tabbing Order in LabVIEW?
KnowledgeBase 11IBCS05: Can I Operate Boolean Controls with Keys Other Than the Enter or Return Keys?

添付:





報告日時: 09/29/2000
最終更新日: 09/26/2004
ドキュメントID: 21SFESES