Real-Time コントローラのオペレーティングシステム (OS)



使用ソフトウェア:
使用ソフトウェア・バージョン: 7.1
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア: N/A
ハードウェア: CompactRIO>>Controllers>>cRIO-9002, CompactRIO>>Controllers>>cRIO-9012, CompactRIO>>Controllers>>cRIO-9014, CompactRIO>>Controllers>>cRIO-9004, CompactRIO>>Controllers>>cRIO-9074, CompactRIO>>Chassis (Backplanes)>>cRIO-9074, CompactRIO>>Chassis (Backplanes)>>cRIO-9072, CompactRIO>>Controllers>>cRIO-9072, PXI/CompactPCI>>Controllers>>PXI-8146 RT, PXI/CompactPCI>>Controllers>>PXI-8156B RT, PXI/CompactPCI>>Controllers>>PXI-8170 RT, PXI/CompactPCI>>Controllers>>PXI-8186 RT, PXI/CompactPCI>>Controllers>>PXI-8184RT, PXI/CompactPCI>>Controllers>>PXI-8175 RT, PXI/CompactPCI>>Controllers>>PXI-8176 RT, PXI/CompactPCI>>Controllers>>PXI-8196 RT, PXI/CompactPCI>>Controllers>>PXI-8195 RT, PXI/CompactPCI>>Controllers>>PXI-8145 RT, PXI/CompactPCI>>Controllers>>PXI-8187 RT, PXI/CompactPCI>>Controllers>>PXIe-8130 RT, PXI/CompactPCI>>Controllers>>PXI-8106 RT

問題:
Real-Time コントローラはどのようなオペレーティングシステム (OS) を実行するのでしょうか。また、ハードウェアターゲットによって異なるリアルタイム OS がインストールされているのはなぜですか。

解決策:
Real-Time ターゲットの各シリーズは、IntervalZero Phar Lap ETS、Wind River VxWorks または NI Linux Real-Time のいずれかのリアルタイムオペレーティングシステム (RTOS) を実行します。次の表は各シリーズの Real-Time コントローラにインストールされているRTOSを示します。また、添付されている OSversion.vi を Real-Timeターゲットで実行して、どの RTOS を実行しているかを確認することができます。
コントローラ RTOS
FieldPoint Phar Lap ETS
cFP-2000, cFP-2010, cFP-2020 Phar Lap ETS
cFP-2100, cFP-2110, cFP-2120 Phar Lap ETS
cFP-2200, cFP-2210, cFP-2220 VxWorks
cRIO-9002, cRIO-9004 Phar Lap ETS
cRIO-9012, cRIO-9014 VxWorks
cRIO-9022, cRIO-9023, cRIO-9024, cRIO-9025 VxWorks
cRIO-9030, cRIO-9031, cRIO-9032, cRIO-9033, cRIO-9034, cRIO-9035, cRIO-9036, cRIO-9037, cRIO-9038, cRIO-9039 NI Linux Real-Time (Intel x64-based)
cRIO-9063, cRIO-9064, cRIO-9065, cRIO-9066, cRIO-9067, cRIO-9068 NI Linux Real-Time (ARM-based)
cRIO-9072, cRIO-9073, cRIO-9074, cRIO-9075, cRIO-9076 VxWorks
cRIO-9081, cRIO-9082 Phar Lap ETS
sbRIO-9601, sbRIO-9602, sbRIO-9605, sbRIO-9606, sbRIO-9611, sbRIO-9612, sbRIO-9623, sbRIO-9626, sbRIO-9631, sbRIO-9632, sbRIO-9633, sbRIO-9636, sbRIO-9642 VxWorks
sbRIO-9651, sbRIO-9607, sbRIO-9627, sbRIO-9637 NI Linux Real-Time (ARM-based)
CVS-1454, CVS-1455, CVS-1456, CVS-1457 Phar Lap ETS
CVS-1458, CVS-1459 NI Linux Real-Time (Intel x64-based)
NI EVS-1464, NI EVS-1463 Phar Lap ETS
IC-3120, IC-3121, IC-3171, IC-3172, IC-3173 NI Linux Real-Time (Intel x64-based)
PXI-8100, PXI(e)-8101, PXI(e)-8102, PXI-8108, PXI-8109, PXI-8110, PXI(e)-8115, PXI-8119, PXIe-8130, PXIe-8133, PXIe-8135, PXI-8145, PXI-8183
Phar Lap ETS
PXI(e)-8820, PXIe-8840, PXIe-8880
Phar Lap ETS
NI 8353 RT Phar Lap ETS
NI 1722, NI 1742, NI 1744, NI 1762, NI 1764 Smart Camera VxWorks
NI 1772, NI 1772C, NI 1774, NI 1774C, NI1776, NI 1776C, NI 1778 Smart Camera Phar Lap ETS
Desktop ETS Phar Lap ETS
NI 3110 with Hypervisor Phar Lap ETS
NI 9792 Programmable WSN Gateway VxWorks
myRIO 1900, myRIO 1950 NI Linux Real-Time (ARM-based)
NI roboRIO NI Linux Real-Time (ARM-based)
cDAQ 9132, cDAQ 9133, cDAQ 9134, cDAQ 9135, cDAQ 9136, cDAQ 9137 Real-Time Controller NI-Linux Real-Time (Intel x64-based)
cDAQ 9138, cDAQ 9139 Real-Time Controller Phar Lap ETS


RTOS のバージョンは、インストールされている LabVIEW Real-Time ソフトウェアに依存します。次のテーブルは、各 LabVIEW Real-Time と RTOS のバージョンの対応を示します。この情報は、OSversion.vi を使用して取得することもできます。
RTOS LabVIEW Real-Time バージョン
Phar Lap ETS 9.1 7.1
Phar Lap ETS 10.1
8.0
Phar Lap ETS 12.0
8.2.1
Phar Lap ETS 13.0
8.5
Phar Lap ETS 13.1
8.5.1 - 8.6.1
NI ETS 2009 * 2009
NI ETS 2010 2010
NI ETS 2011 2011
NI ETS 2012 2012
NI ETS 2013 2013
NI ETS 2014 2014
NI ETS 2015 2015
NI ETS 2016 2016
VxWorks 6.1 8.2 - 8.2.1
VxWorks 6.3 8.5 - 8.6.1, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016
NI Linux Real-Time 2013, 2014, 2015, 2016


* NI ETS 2009はPhar Lap ETS 13.1と同じソフトウェアです。LabVIEW Real-Time 2009のリリースより、ナショナルインスツルメンツはETSオペレーティングシステムの表記をバージョン番号からリリース番号に変更しました。この変更により、RTOSがLabVIEW Real-Timeのどのバージョンでリリースされたかを確認できます。LabVIEW Real-Timeのサポートは、x86ベースのターゲットでPhar Lap(現在ではETSという名称)を使用することから始まりました。ETSはPowerPCベースのターゲットをサポートしません。しかし、PowerPCは小規模の組み込みターゲットにおいてx86より利点が多いため、LabVIEW Real-TimeはVxWorksのサポートを追加しました。 通常、全てのリアルタイムターゲットで同じLabVIEWのコードを実行することが可能ですがLabVIEWで各リアルタイムターゲット用に再コンパイルする必要があります。また、ドライバやテキストベースコードなどの外部コードをLabVIEWで呼び出す場合にもターゲット毎に別々にコンパイルする必要があります。VxWorksターゲットにおける相違点の一部は、技術サポートデータベース 44HDTKQ0: NI cRIO-901xとcRIO-907xに関する一般的な質問で紹介されています。

関連リンク:
技術サポートデータベース 44HDTKQ0: NI cRIO-901xとcRIO-907xに関する一般的な質問
ホワイトペーパー: 3ステップでNIハードウェアとソフトウェアを使ってリアルタイムシステムを構築
製品マニュアル: ETSターゲット上のReal-Timeモジュール
製品マニュアル: VxWorksターゲット上のReal-Timeモジュール
製品マニュアル: NI Linux Real-Timeターゲット上のReal-Timeモジュール
技術サポートデータベース 5ZOF3MSI: Unsupported LabVIEW Features on NI Linux Real-Time Targets
技術サポートデータベース 4AJCLGCY: LabVIEW Real-Time Target IPv4 and IPv6 Support


添付:

OSversion.vi






報告日時: 05/28/2008
最終更新日: 02/26/2017
ドキュメントID: 4LRA4IQ0