Eシリーズ、Mシリーズ、XシリーズDAQデバイスの主な相違点



ハードウェア: Multifunction DAQ (MIO)>>M Series>>PCIe-6251, Multifunction DAQ (MIO)>>M Series>>PCI-6251, Multifunction DAQ (MIO)>>M Series>>USB-6251, Multifunction DAQ (MIO)>>Portable>>USB-6211

問題:
Eシリーズ、Mシリーズ、Xシリーズデータ集録(DAQ)デバイスの主な相違点は何ですか?


解決策:
E、M、およびXシリーズは、NIマルチファンクションDAQ製品の3世代を表しています。E、M、そしてXと続くシリーズは、下記に示すようにたくさんの新機能を提供します。


Xシリーズ、Mシリーズ、およびEシリーズDAQデバイスの主な相違点
  Xシリーズ M シリーズ Eシリーズ
アナログ入力
アナログ入力チャンネル数 8、16、または32 8、16、32、または80 16または64
サンプリング
レート 最大2 MS/s/ch、16ビット 最大1.25MS/s、16ビット 最大1.25MS/s、12ビット
入力分解能 16ビット 16または18ビット 12または16ビット
キャリブレーション方法 NI-MCal (全レンジ) NI-MCal (全レンジ) 線形、2ポイント(単一レンジ)
キャリブレーション間隔 1または2年 1または2年 1年
アナログ出力
アナログ出力チャンネル数 0、2または4 0、2または4 0または2
アナログ出力レート 最大2.8 MS/s、16ビット 最大2.8 MS/s、16ビット 最大333 MS/s、16ビット
アナログ出力分解能 16ビット 16ビット 12または16ビット
デジタルI/O
デジタルI/Oライン 24または48 24または48 8または32
デジタルI/Oレート 10 MHz
10 MHz*
ソフトウェアタイミング
ソースタイミング 内部、外部
内部**、
外部
-
デジタルレベル TTL/CMOS TTL/CMOSまたは24V TTL/CMOS
デジタルライン保護 過電圧/不足電圧(±20 V)、過電流保護
過電圧/不足電圧(±20 V)、過電流保護 -
カウンタ
カウンタ/タイマチャンネル数 4、32ビット 2、32ビット 2、24ビット
カウンタタイムベース 100 MHz 80 MHz 20 MHz
位相差出力エンコーダ入力 不可
デジタルデバウンスフィルタ 全デジタルラインで利用可能
カウンタのみ利用可能
なし
バッファありカウンタ入力タスクの最大レートベンチマーク
全4カウンタで10 MHz(PCIe)
380 kHz(PCI)
1194 kHz - 621x
1カウンタ
1カウンタで150 kHz
(PCI)
バッファありカウンタ出力 不可 不可
システム
クロック同期 PLL、RTSI PLL、RTSI RTSI
DMAチャンネル数 8 6 1または3
コネクタタイプ VHDCI(高密度) VHDCI(高密度) SCSI II
絶縁
- 60 VDC連続バンク絶縁、1,400 Vrms/1,950 VDCチャンネル/バス間絶縁、耐電圧(5秒)* -
* 一部のデバイスのみ対応
** デジタルI/Oサブシステム自体は内部クロックソースはなく、外部信号もしくは他のサブシステムからのクロックから供給される必要があります。(詳細は技術サポートデータベース 54BDAUQLを参照してください。)




XシリーズがMシリーズよりも優位な点
  • デジタルI/Oタスク用の専用サンプルクロックがある。
  • 全タスクで再トリガ可能。Mシリーズではカウンタタスクのみ。
  • 上級機能が使用できる4カウンタ(詳細は、製品マニュアル: Xシリーズユーザマニュアルを参照)
  • 全タスクで100 MHzタイムベースを利用可能(Mシリーズはカウンタで80 MHz、アナログタスクで20 MHzを使用)。
  • 複数ボードで同時サンプリング可能。
  • PCIeおよびPXIeバスでストリーミング用の高スループット。



MシリーズがEシリーズよりも優位な点
  • Mシリーズのアナログ入出力FIFOバッファはEシリーズよりも大容量。
  • 4または6つのDMAチャンネル。これは、複数タスクの実行時にパフォーマンスが向上します。
  • 2エッジ間隔や位相差出力エンコーダなどのNI-TIOカウンタ機能をサポート。
  • EシリーズにはPFIが10ラインのみですが、Mシリーズには16ラインある。
  • カウンタ出力、FREOUT、サンプルクロックなどのタイミング信号をPFIラインにエクスポート可能。Eシリーズデバイス上では、これらの信号は専用ラインを介してエクスポートする必要があります。
  • MシリーズデバイスのPFIとRTSIラインはデバウンシングフィルタがありますが、Eシリーズデバイスにはそれらのラインはありません。
  • デジタル入出力ラインとPFIラインは、Eシリーズに比べ保護機能が多い。
  • Mシリーズボードの確度は、Eシリーズデバイスと異なり、AOオフセットをサポート。
  • Eシリーズデバイスでは、10 VのAO内部基準のみ。Mシリーズのベーシックファミリーでは、10 Vの基準、高速ファミリーでは5 Vと10 Vの基準、高確度ファミリーでは1 V、2 V、5 V、10 Vの基準があります。
  • MシリーズPXIデバイスには、複数デバイスを介し、より簡単で正確な同期の測定に対応する一般的なPXIバックプレーンに位相ロックする機能があります。EシリーズPXIデバイスにはこの機能がありません。



その他の相違点
  • Eシリーズが従来型NI-DAQとNI-DAQmxの両方でサポートされているのに対して、M、XシリーズはNI-DAQmxドライバのみでサポートされています。
  • Eシリーズのスケールなしデータはキャリブレーションされますが、M、Xシリーズのスケールなしデータはキャリブレーションされません。
  • アナログトリガについては、M、XシリーズはAPFI0とAPFI1を使用しますが、EシリーズはPFI0を使用します。
  • 同期は、デバイスによって異なります。Eシリーズデバイスは、20 MHz(分周可能)のマスタタイムベースを利用します。M、Xシリーズは、位相ロックループ(PLL)で内部タイムベースをロックした基準クロックを使用します。
  • PFIラインの内部抵抗は、EシリーズとM、Xシリーズでは異なりますEシリーズデバイスには、各PFIラインに内部接続された50 kOhmのプルアップ抵抗がありますが、M、Xシリーズには50 kOhm~75 kOhmのプルダウン抵抗があります。


関連リンク:
製品とサービス: Xシリーズマルチファンクションデータ集録デバイス
ホワイトペーパー: Mシリーズデータ集録デバイスのよくある質問(FAQ)
製品とサービス: Mシリーズマルチファンクションデータ集録デバイス
技術サポートデータベース 4169OM46: Specification Differences: USB-621x, USB-625x, PCI/PCIe/PXI-625x
技術サポートデータベース 54BDAUQL: Correlated DIO with USB M Series DAQ Device 製品マニュアル: Xシリーズユーザマニュアル


添付:





報告日時: 10/08/2004
最終更新日: 01/09/2015
ドキュメントID: 3E78PKHS