NI-Scopeシミュレーションデバイス



ハードウェア: Modular Instruments>>High-Speed Digitizers (Scopes)

問題: NI-Scopeドライバを使用してプログラミングをしたいのですが、ハードウェアがありません。プログラミングのテストを行えるようにデバイスをシミュレーションするにはどうすればよいですか?

解決策:

NI-Scopeドライバはハードウェアが存在していなくてもアプリケーションを実行できるようにデバイスをシミュレーションすることが可能です。一般のデバイスから生成されるような正弦波を読み取る動作をします。

NI-Scope3.1以降を使用の場合、シミュレーションデバイスは (Measurement & Automation Explorer) MAX で作成できます。NI-DAQmx デバイスを右クリックし、下記の項目を選択してください。

  新規 NI-DAQmxデバイスを作成»NI-DAQmx シミュレーションデバイス

NI-Scope3.0 以前を使用の場合、もしくは NI 5102 や 5112 や 5911 などの従来型のデバイスをシミュレーションする場合は以下の手順でデジタイザをシミュレーションします。

  1. "niScope初期化(オプション付)"関数でNI-Scopeタスクを初期化します。
  2. "Options String"に制御器を作成します。
  3. "Simulate=0"から"Simulate=1"に変更します。

このコードの例としてスクリーンショットを参照してください。

LabVIEW ダイアグラムでのプログラミング例



関連リンク: 製品とサービス: デジタイザ/オシロスコープ
製品リファレンス: NI高速デジタイザヘルプ

添付:


Simulate Scope.JPG - Simulate Scope.JPG



報告日時: 01/31/2006
最終更新日: 06/15/2009
ドキュメントID: 3TUECLQ4