Archived: Windows NT上でのOPCとDCOMの設定方法について。

This document has been archived and is no longer updated by National Instruments



使用ソフトウェア: Driver Software>>NI-VXI/VISA
使用ソフトウェア・バージョン: N/A
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア:

問題: Windows NT上でのOPCとDCOMの設定方法について教えて下さい。

解決策:
Windows NTの場合:

まず、サーバーマシーンの場合、アドミンスレーターとしてログインしてから、分散COMの構成を実行します。
Windowsのスタートメニューから「ファイル名を指定して実行」を選び、次にDCOMCNFG.EXE」を指定します。

既定のプロパテイ

1) OPCサーバーとDCOM
「このコンピュータ上で分散COMを使う」にレ点を置く

2) 既定の分散COM通信のプロパティ内の既定の認証レベルを「なし」にする

3) 既定の偽装レベルを「識別」にセットする

4) セット後に「適用ボタン」をクリックします。


既定のプロパティ

1) 「既定のアクセス権」内の「既定値の編集」ボタンをクリックする。追加ボタンをクリックし、*任意のユーザにアクセス権を与える。

2) 「既定の起動アクセス権」内の「既定値の編集」ボタンをクリックする。追加ボタンをクリックし、任意のユーザにアクセス権を与える。

3) 「既定の構成アクセス権」内の「既定値の編集」ボタンをクリックする。追加ボタンをクリックし、 任意のユーザに「フルコントロール」アクセス権を与える。

* 任意のユーザ=例えば「Everyone」を使用

4) セット後に「適用ボタン」をクリックします。


アプリケーションタブ
1) アプリケーションのリスト内にある「FieldPoint」をダブルクリックする。

2)「セキュリティ」タブを選ぶ。

3)「既定のアクセス権を使用」をクリック。

4)「既定の起動アクセス権を使用」をクリック。

5)「既定の構成アクセス権を使用」をクリック。

*セット後に「適用ボタン」をクリックします。

6)「場所」タブをクリックし「このコンピュータ上でアプリケーションを実行する」にレ点を置く。

*セット後に「適用ボタン」をクリックします。

7)「識別」タブから「対話ユーザー」をクリック。

*セット後に「適用ボタン」をクリックします。

8) 適用ボタンのあとにOKボタンをクリックすると、分散COMの構成プロパティの画面に戻ります。
OKボタンをクリックして終ります。マシーンをリブートして下さい。


*クライアントマシーンの場合:
クライアントマシーンの場合もサーバーと同じように設定して下さい。
しかし、ここで一番重要な点は、「場所」タブをクリックして、「次のコンピュータ上でアプリケーションを実行する」
これ1つだけををクリックして下さい。OPCを実行されているマシーンの名前を記入して下さい。
適用ボタンをクリックします。前と同じようにリブートして下さい。


*サーバーマシーンの場合:
OPCフィールドポイントが動作する前に、フィールドポイントエクスプローラを実行します。必ず構成ファイルを保存して下さい。1番最後に使用した(最新の)ファイル名がレジストリに保存されています。


上記の手順でクライアントマシーンとサーバーマシーンのDCOMを構成すると、OPCクライアントとOPCサーバー間の通信が可能になります。

関連リンク:

添付:





報告日時: 08/18/2000
最終更新日: 09/22/2000
ドキュメントID: 20HCFUL9