Archived: Visual Basicでより簡単にGPIBプログラムを作成する方法

This document has been archived and is no longer updated by National Instruments



使用ソフトウェア: Measurement Studio>>Measurement Studio for Visual Basic 6
使用ソフトウェア・バージョン: 7.0
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア: N/A
ハードウェア: GPIB

問題:
Visual BasicでGPIBアプリケーションを作成したいのですが、GPIB開発用言語(Language Interface)はできる限り使用したくありません。Visual Basicでより簡単にGPIBアプリケーションを作成する方法はありますか?


解決策:
NI Measurement Studio(旧名: Component Works)は、最新のActiveXカスタムコントロール技術を使用して構築された仮想計測器ツールのセットです。簡単なプロパティページを使用して、データ集録(DAQ)操作、GPIB/シリアル/VXI計測器制御の構成が簡単かつ迅速に行え、ノブ、メーター、ゲージ、ボタン、LEDおよびグラフなどのユーザインタフェースコンポーネントを利用して高度な計測器型フロントパネルを構築することが可能です。また豊富なMeasurement Studio解析ライブラリを併用することで、ニーズに対して柔軟に対応できるカスタム計測アプリケーションを柔開発することができます。

Measurement Studioには、シリアルおよびGPIBベース計測器との通信用ActiveXが含まれています。基本的な機能として同期/非同期での読み取り、データを解釈するためのユーザ構成可能な解析タスク、および対話型のテストパネルがあります。詳しくは、Measurement Studio製品ページを参照してください。

NI-488.2 GPIBドライバには、イベント駆動型プログラミング用のビルドイン関数が含まれていませんが、Visual Basicより直接呼び出すことが可能です。例としてGPIB読み取りを行うには、"ibwait"を使用して"ibsta"に"LACS"と"!ATN"をポーリングし、それから"ibwrt"を使用して書き込みます。


関連リンク:
製品とサービス: Measurement Studio製品情報
Developer Zone チュートリアル: GPIB Language Interfaces


添付:





報告日時: 01/11/1996
最終更新日: 06/18/2012
ドキュメントID: 0HA8R5EO