アカデミック 会社 イベント Community サポート ソリューション 製品とサービス お問い合わせ MyNI
6 ratings:
 4 out of 5     Rate this Document

シリアル通信におけるフレーミングエラーは何を意味していますか?



使用ソフトウェア:
使用ソフトウェア・バージョン: N/A
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア: N/A

問題:
「データ転送中にフレーミングエラーが発生しました」というエラーがシリアル通信中に発生します。このエラーは何を意味しているのでしょうか?また、どの様に解決すれば良いのでしょうか?


解決策:
シリアルデータは1度に1バイトずつ送信されます。
それぞれのバイトはスタートビット、データビット、パリティ、ストップビット等のフォーマットを持っています。
フレーミングエラーは予期しないバイトデータが受け取られた際に発生します。

フレーミングエラーが発生する原因はいくつか挙げられますが、最も生じやすい原因の一つとしてシリアルポートの設定と、計測器の設定が違っていることがあげられます。
この問題を解決するには Measurement & Automation Exproler ( MAX ) のデバイスとインターフェイスより使用しているシリアルポートを選択し、ボーレート、データビット、パリティー、ストップビット等の設定が正しいか確認してください。
この設定は Measurement & Automation Exproler ( MAX ) 上ではなくプログラム的に変更することも可能です。

上記の設定があっているにも関わらずこのエラーが発生するようであれば、ご使用のシリアルラインにノイズが乗っている可能性があります。


関連リンク:

KnowledgeBase 3F2B347T: How Can I Programmatically Check My Serial Baud Rate in LabVIEW


KnowledgeBase 3JL6PPFM: HSetting Baud Rate in LabVIEW to Match MAX


Developer Zone Example Program: Programmatically Changing Serial Properties Using LabWindows/CVI and NI-VISA



添付:





報告日時: 03/16/2005
最終更新日: 12/18/2010
ドキュメントID: 3JFBMM6K

Your Feedback! poor Poor  |  Excellent excellent   Yes No
 Document Quality? 
 Answered Your Question? 
  1 2 3 4 5
Please Contact NI for all product and support inquiries.submit