熱電対タイプと信号接続の正しい極性を判断する方法



ハードウェア: SCC

問題:
熱電対を持っていますが、どのタイプか分からず、正しく読み取れるように適切な接続方法が分かりません。どうすれば、熱電対の特徴が分かりますか?


解決策:
標準の熱電対タイプおよび特性は、絶縁体と皮膜の色で識別することができます。American National Standards Institute(ANSI)では、熱電対タイプの仕様セットを制定してより簡単に識別して使えるようにしています。下記の表は、標準のカラーコードを示しており、熱電対のタイプとその信号極性を識別することが可能です。もしこの表にリストされていない熱電対に遭遇した場合、おそらくANSI規格には適合しないでしょう。使用方法、スケーリング、接続方法に関する詳細は製造元に問い合わせることをお勧めします。また、規格は国によっても異なります。詳細は、下記にある外部リンク先を参照してください。

熱電対のタイプと極性を色で見分ける


関連リンク:
ホワイトペーパー: Thermocouple Gages
ホワイトペーパー: 熱電対の基本、選択方法
ホワイトペーパー: 熱電対の熱起電力表
ホワイトペーパー: Thermocouple Measurement Basics
技術サポートデータベース 3R27J3GH: CJC(冷接点補償)とは何ですか?
技術サポートデータベース 3S0D1QRX: NI Data Loggerによる異なる種類の熱電対を用いたデータ集録に関して
外部リンク: Thermocouple and Extension Color Code
外部リンク: International Thermocouple Color Codes


添付:





報告日時: 11/12/2001
最終更新日: 09/11/2014
ドキュメントID: 2FBGSAQO