NI VLMスタートガイド - アクティビティ適合ログを生成する



使用ソフトウェア: NI Volume License Manager
使用ソフトウェア・バージョン: 3.0
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア: N/A

問題:
アクティビティ適合ログとは何ですか?また、NI Volume License Manager(VLM)でどのように生成するのですか?


解決策:
NI VLMのアクティビティ適合ログには、ボリュームライセンスプログラムのライセンスに順守していることを証明する利用情報が含まれています。また、エンドユーザに対する技術サポートを有効にする際にも使用します。アクティビティ適合ログにを生成するには、以下の手順をおこないます。

NI VLM 3.1の場合 

  1. ステータスタブにあるVLAログを送信を選択します
  2. VLAログの送信理由から契約更新を選択し、次へを押します
  3. どちらかのオプションを選択します。
  • VLAログを自動的に送信を選択し、送信をクリック
  • VLAログを保存して、後で手動で送信を選択し、保存をクリック
  1. agreements@ni.com宛にI want to send my end user information to NI so my end users are eligible for technical supportという件名でメールを作成します。
  2. アクティビティ適合ログを保存したファイルをメールに添付して上記のアドレスに送信します。 

NI VLM 3.0の場合

  1. ツール >> 設定一般タブより、クライアント情報をアクティビティ適合ログに含めるはいとなっていることを確認します。
  2. ファイル >> アクティビティ適合ログを保存を選択します。
  3. ファイルを保存する場所を指定して、OKボタンをクリックします。
  4. agreements@ni.com宛にI want to send my end user information to NI so my end users are eligible for technical supportという件名でメールを作成します。
  5. アクティビティ適合ログを保存したファイルをメールに添付して上記のアドレスに送信します。

NI VLM 2.1.1以前の場合

  1. オプション >> 環境設定規定タブより、テクニカルサポートで必要な所有者情報をアクティビティ適合ログに含めるにチェックが入っていることを確認します。
  2. オプション >> アクティビティ適合ログを保存を選択します。
  3. ファイルを保存する場所を指定して、OKボタンをクリックします。
  4. agreements@ni.com宛にI want to send my end user information to NI so my end users are eligible for technical supportという件名でメールを作成します。
  5. アクティビティ適合ログを保存したファイルをメールに添付して上記のアドレスに送信します。 

詳しくは、メニューバーからヘルプを参照するか、NI Volume License Manager Helpを参照してください。

メモ: このページは、ボリュームライセンスプログラムスタートアップキットシリーズの一部です。

前のステップ: 非接続もしくはホームライセンスを作成する



関連リンク:
技術サポートデータベース 3KPEI86E: NI Volume License Managerスタートアップガイド
技術サポートデータベース 47IA69QA: NI VLMスタートガイド - NIにメールしてライセンスファイルを入手する
技術サポートデータベース 4P9GKBCZ: NI VLMスタートガイド - ライセンスファイルをインストールする
技術サポートデータベース 47IAG0QA: NI VLMスタートガイド - サーバ設定を構成する
技術サポートデータベース 47IDGCQA: NI VLMスタートガイド - クライアント権限を追加する
技術サポートデータベース 47IET1QA: NI VLMスタートガイド - 非接続もしくはホームライセンスを作成する


添付:





報告日時: 03/19/2007
最終更新日: 07/24/2014
ドキュメントID: 47IF31QA