CANバスの電源供給方法



ハードウェア: Industrial Communications>>CAN

問題: CANバスには、どのように電源を供給しますか?

解決策: CANバスに電源を供給する方法は、CANボードタイプによって異なります。

①PXI、PCI
バス電源の供給方法は、ボード上のジャンパーピンで選択します。
Internal Power Mode(INT)の場合は、バス電源はCANボードから供給されます。External Power Mode(EXT)の場合は、外部から電源を供給する必要があります。

②PCMCIA
使用するケーブルによって異なります。付属の黒のケーブルに”CAN”という記述がある場合、バス電源はCANカードから供給されます。”Device Net”という記述の場合、外部から電源を供給する必要があります。

外部から電源を供給する際、High Speed CANの場合、V-端子、V+端子間にDC10~30Vを印加します。
Low Speed CANの場合、V-端子、V+端子間にDC8~27Vを印加します。

詳細は、NI-CAN Hardware and Software Manual をご覧下さい。

関連リンク: KnowledgeBase2K49R6YY :What Do the Power Jumper Settings on the NI-CAN Cards Mean?

添付:





報告日時: 11/19/2003
最終更新日: 11/21/2003
ドキュメントID: 33ILCRTQ