LabVIEW から .NET クラスを呼び出す方法



使用ソフトウェア:
使用ソフトウェア・バージョン: N/A
使用ソフトウェア・バージョンに特化: N/A
二次のソフトウェア: Measurement Studio>>Measurement Studio for .NET Support, LabVIEW Development Systems

問題: LabVIEW から自作の .NET クラスを呼び出すには、どうすればできますか。

解決策: ここで紹介する方法は、.NET で使用する言語に依存しません。VB.NET、C#、J#、C++ など、いずれの場合でも共通です。各言語で開発する際、Visual Studio .NET で「プロジェクトタイプ」で「クラスライブラリ」を選択します。クラスライブラリは、LabVIEW を含むほかのアプリケーションで .NET クラスを使用するためにプロジェクトです。

クラスライブラリを作成し、LabVIEW に追加する手順は以下のとおりです。
  1. 新規のクラスライブラリを作成する。

  2. LabVIEW から呼び出しで必要なクラスがあれば、プロジェクトに追加する。

  3. プロジェクトをビルドする。

  4. プロジェクトフォルダの中の「Bin」フォルダを開く。

  5. <プロジェクト名>.dll というファイルを、LabVIEW の VI があるフォルダにコピーする。

  6. LabVIEW のメニューから [ツール] << [上級] << [.NET アセンブリリファレンス] を選択する。

  7. 「.NET アセンブリリファレンス」ダイアログの右側にある「追加」ボタンを押す。

  8. VI があるフォルダにコピーした、.DLL を選択する。
ブロックダイアグラムから、クラスライブラリを参照する手順は以下のとおりです。
  1. 関数パレットを開く。

  2. 全関数 >> 通信 >> .NET を選択する。

  3. このパレットにある関数を使用して、.NET クラスを使用する。
注意: .NET 関数は、各言語で使用するのと同じように使います。通常「コンストラクタノード」でクラスをインスタンス化し、「.NET プロパティノード」でプロパティにアクセスし、「.NET インボークノード」でメソッドを呼び出します。

LabVIEW で .NET クラスを使用する、一般的な手順は以下のとおりです。
  1. コンストラクタノードをブロックダイアグラムに配置する。

  2. 「.NET Constructor を選択」ダイアログで「参照」ボタンを押す。

  3. 「開くアセンブリを選択」ダイアログで、使用する .DLL を選択する。

  4. オブジェクトを選択し、オブジェクトをインスタンス化するコンストラクタを選択し、「OK」ボタンを押す。

  5. これでインボークノードやプロパティノードに渡す、リファレンスができます。
注意: .NET クラスによっては、コンストラクタノードなしで、インボークノード呼び出しだけで使用できるものがあります。

関連リンク: KnoweledgeBase [2XSBFPHM] : Error 1172 : When Calling A .NET Assembly (英語)

添付:





報告日時: 09/22/2004
最終更新日: 03/28/2005
ドキュメントID: 3DLDLPFD