PFIラインとAPFIラインの違いは何ですか?



ハードウェア: Multifunction DAQ (MIO)

問題:
アプリケーションで使用するデータ収集(DAQ)デバイスをEシリーズからMシリーズにアップグレードして、トリガラインに対して「APF」という用語が使用されていることに気付きました。PFIラインに対してAPFIラインを使用とするトリガはどんなときですか?これらのトリガラインの違いは何ですか?


解決策:
MシリーズDAQデバイスでは、アナログトリガラインはAPFI(Analog Programmable Function Input)と呼ばれますが、その一方でデジタルトリガはPFIラインでおこなわれます。EシリーズDAQデバイスではアナログトリガおよびデジタルトリガの両方がPFI 0を利用するのに対して、MシリーズDAQデバイスではPFI 0を重複して利用しません。

625xおよび628xなど2つのAPFIライン(APFI 0およびAPFI 1)である端子を搭載するMシリーズDAQデバイスがあります。APFI 0もしくはAPFI 1端子のいずれかはアナログトリガとして使用可能ですが、同時に両方を使用することはできません。また、APFIラインは一部のMシリーズDAQデバイスにはAPFI1が搭載されていないものがあります。


関連リンク:
技術サポートデータベース 3E78PKHS: Major Differences Between E Series and M Series
技術サポートデータベース 2W3D230T: E Series and M Series Analog Input Trigger Resolution
技術サポートデータベース 3I1CED33: Programmable Filter on M Series Boards

製品マニュアル: Mシリーズユーザマニュアル(PDF)

添付:





報告日時: 12/31/2004
最終更新日: 12/22/2016
ドキュメントID: 3GU8OCFQ