カメラリンクとコンフィギュレーションとは何でしょう



ハードウェア: Image Acquisition (IMAQ)

問題: カメラリンクとコンフィギュレーションとは何でしょう

解決策:
カメラリンクはカメラと画像集録デバイスメーカーの共同によって開発された、デジタルカメラを画像集録デバイスに接続する規格です。
カメラリンクは、デジタルカメラと画像集録デバイス両方のための共通コネクタを定義することによって、接続性を簡素化します。
 
カメラリンク規格は、送信/受信がペアのシリアル通信です。
各ドライバは、28ビットのパラレルなデジタルデータとクロック、4LVDS(EIA-644)のデータ・ストリームとLVDSクロックで構成されています。
カメラリンク規格は最大10mの距離にわたる10本のワイヤに高速データ通信をすることが可能します。
 
カメラリンクの仕様は、照射時間、フレームレート、および他のカメラ制御信号を制御するための最大64データ・ビットを含んでいます。
非同期な直列伝送、および4つのデジタルカメラコントロールラインで構成されています。
4つのコントロールラインは、デジタルカメラが正確なタイミングで画像集録するようカメラファイルの中で構成されます。
 
カメラリンク規格は画像集録デバイスとカメラリンクカメラとの物理接続により、画像イメージのフォーマット形式とデータ転送プロトコルに対して自由度を持っています。
 
カメラメーカは画像の分解能や、1ピクセルあたりのビットの数、またはフレームのオンデマンド性や信号の露出制御といったカメラ制御パラメータなどのようなイメージパラメータを定義します。
 
これらの可変パラメータはナショナルインスツルメンツによって提供されたカメラファイル(カメラ_model.icd)の中のそれぞれのパラメータを元に定義されます。
 
ミディアムコンフィギュレーションとフルコンフィギュレーションは2本のケーブルを必要とします。
 よって、ミディアムコンフィギュレーション、フルコンフィギュレーションは、それぞれコネクタを必要とします。
 

ベースコンフィグレーション
ベース-シングルチャンネルリンクチップ、シングルケーブルコネクタ
ベースコンフィギュレーションは、1つの送信/受信を1本のケーブルで接続します。
ケーブル内部では、シリアルとチャンネルリンクの二つのファンクションが存在します。
 

ミディアムコンフィグレーション
ミディアム-2チャンネルリンクチップ、2ケーブルコネクタ
ミディアムコンフィギュレーションは2組の送信/受信を使用します。
ケーブル二本で接続し、一本はシリアルとチャンネルリンクの二つのファンクション、もう一本はチャンネルリンクのみのファンクションが存在します。
 

フルコンフィグレーション
フル-3チャンネルリンクチップ、2ケーブルコネクタ
フルコンフィギュレーションは3組の送信/受信を使用します。
ケーブル二本で接続し、一本はシリアルとチャンネルリンクの二つのファンクション、そしてもう一本はチャンネルリンクのファンクションが存在します。
 

デュアルチャンネル
2チャンネル ベースコンフィギュレーション Camera Link対応画像集録デバイスです。
2つの完全に独立した非同期チャンネルが存在します。
 


関連リンク:

添付:





報告日時: 04/13/2008
最終更新日: 03/09/2011
ドキュメントID: 4KC0NSIS